ワインのプレゼントは1本より2本で勝負!

ワインのプレゼントは1本より2本で勝負!

ワイン2本

 

美味しいワインをプレゼントするのは難しい!

 

プレゼントにワインを選ぶ時、どうするか?!前のページでは、ワインは美味しい物を選ぼうと思っても難しいですよと書きました。

 

僕がおすすめしたい買い方は、2本買う!という事です。

 

例えば、予算一万円。普通なら1万円のワインをどどーん!と買いますよね。

 

そうではなくて、ワインの場合はそれなら5千円の物を2本買ったほうが良いですよ!というのが僕のおすすめです。

 

なぜか?という理由を挙げていきます。

ワイン2本にすると喜ばれる理由

ワイン好きは色々なワインを飲みたい!

 

ワイン愛好家

 

詳しくはトップページにも書いてますので、ここではざっと書きますが、ワイン好き、ワイン愛好家の方は色々なワインを飲みたいと思ってます。

 

それは、ほんとにワインの数が多いから。この世の中で一番種類の多いお酒はワインなんです。それも圧倒的に。

 

日本酒は日本だけですよね。ではウイスキーは?主にイギリスとアメリカ、カナダ、日本の4カ国です。

 

それに対してワインはフランスとイタリアが最も有名ですが、ヨーロッパは全ての国で作ってると思っていいです。

 

ヨーロッパの国々だけでなく、アメリカ、南米のチリ、アルゼンチンも作ってます。アフリカでは南アフリカがもう一大産地。モロッコやイスラエルといった中近東でも作ってます。

 

 

飲んだ事あるワインだったらどうしよう?

 

同じワイン

 

では、贈る相手が飲んだ事のあるワインだったらどうしよう?と心配するかもしれませんが、それも無いと思います。

 

フランス一つを取っても星の数ほどの醸造所があり、また奇跡的に同じ銘柄だったとしても、ワインは作った年によって味が違います。

 

その人がシャトーラトゥールの2009年を飲んでいたとしても、2010年は飲んでないでしょう。

 

 

スーパーやコンビニで買うのはやや注意

 

あ!ここで注意!ワインがかぶる事はめったにないですよ、と言いましたが、スーパーやコンビニで買うとかぶるかもしれません(苦笑)

 

スーパーやコンビニの場合、系列で同じ銘柄を入れてる事と、入れる銘柄も現地の大手メーカー品がほとんどです。

 

プレゼントでワインを買う時は、ワイン専門店か通販サイトのほうが、よりマニアックな銘柄になるのでオススメです!

 

 

2本買うのは「保険」です

 

まずいワインと美味しいワイン

 

ワインは値段が高ければ美味しいというわけでもなく、産地によって、それほど優越があるわけでもないです。

 

フランスのワインでも不味い物は不味いですし、南アフリカのワインでビックリするような旨いワインもあります。

 

そして何度も言いますが、年によって味わいが若干異なるため、見た目や知識で美味しいワインを見つけるのは不可能です。

 

もう飲まないと解らない。どれか美味しいのか解らなくて、値段も関係ないのなら、確立を上げるしかない!(笑)1本で勝負するより2本。2本より3本です。

 

 

以上のような理由から、ワインマニアの僕がおすすめする買い方は1本より2本!という事です。

 

どの店も2本用と3本用のギフト箱はだいたい用意しているので、プレゼント用としてラッピングできると思います。

 

 

さて2本が良い、と書いたとことろで、次にこんなアイデアもいいですよという話。

 

→→ワイン通をニヤリとさせる年代違いのセットをプレゼント

 

page top