ワインをプレゼントする時の相場はいくらか?

ワインの贈る時は、値段で困る!いくらのワインがいいのか?

ワイン,プレゼント,相場

ワインはプレゼントに贈るには格好もいいし、便利ですよね。

 

問題は、お値段。

 

また、世間的な相場はいくらなのか?

 

下は500円から上は何十万と、ワインほど価格の差がある酒はありません。

 

個人的な考えも入りますが、解説していきます!



プレゼントのワインなら相場は5千円

酒屋で働いていたので、世間の相場はよく解ります。

 

だいたいの人が買う値段は5千円です。

 

1本5千円の人もいれば、2本で5千円という人もいました。

 

 

これは、ワインに限らず、贈答品のお酒は全般的に5千円が相場です。

 

1万円の人は少数です。

 

しかしこれは、贈答品の場合です。

 

友達へのプレゼントや、父の日などは逆に2千円から3千円が多いです。

 

 

高ければ旨いわけじゃないけど、安すぎてもダメ

ワイン,プレゼント,相場

ワインの値段はピンからキリまであるのですが、高ければ旨い、というワケでもないのがワインの難しいところです。

 

1000円程度で驚くほど旨いワインもあれば、5万のワインでも首をかしげる事も多々あります。

 

プレゼントに送る際に、どのぐらいの価格の物を買えば良いか、ですが結論としては・・・

 

2000円〜10000円


 

 

2000円以上のワインをオススメする理由

2000円以下でも美味しいワインは多々あるのですが、安いワインは思いっきりはずれなワインにあたる可能性があります。

 

品質的にある程度ハズレがない、という線引きを考えると2000円というのが、何百本もワインを飲んできた筆者としての感想です。

 

もちろん、2000円以上のワインでも、はずれる、つまり旨くない事もありますが(苦笑)1000円のワインより確立はぐっと良くなるはずです。

 

1万円以下をオススメする理由

下は2千円以上をオススメしますが、上限を考えると1万円ぐらいまでで良いのはないか?と思います。

 

ワインは値段と言うと五千円を越えたあたりから、かなり重厚で完成度の高い物に出会い始めます。

 

かといって1万円の物と3万円の物とで、違いがあるか?と言えば微妙だと思います。

 

欲しい銘柄がすでに決まっている人はいいのですが、これといってこだわりが無い場合は2、3万の物を探すなら、1万の物でも充分ではないかと思います。

 

 

ワイン通に贈るなら、その人の普段買う価格に合わせる

ワイン,プレゼント,相場

さて、難しいのがワイン通の人にワインを贈る場合です。

 

この場合は、その人が普段に飲んでいるワインの価格に合わせるべきだと思います。

 

2000円ぐらいのワインを飲んでいる人なら、2000円以上のワインを。

 

5000円ぐらいのワインを飲んでる人なら、5000円以上のワインを贈ったほうが良いと思います。

 

 

先ほど「ワインは値段が高ければ旨いわけではない!」とは言いましたが、値段が高いワインほど濃厚さや奥行きがあります。

 

安くて美味しいワインを見つけても、贈る人が普段から高めのワインを飲んでいる人であった場合、安いワインを飲ませると物足りなさを感じさせるかもしれない。

 

贈る人が、どんなワインを飲んでいるか?解らない場合は、それとなく「どんな銘柄のワインが好きか?おすすめのワインは?」なんて聞いてみましょう!

 

page top